「小さな命の意味を考える会」を作りました

楽しく学び、遊んでいた、大好きな大川小学校でたくさんの子どもが犠牲になりました。

あの日から私たちはずっと考えています。
子どもたちの小さな命が問いかけているものはなんだろうと。

遺族はもちろん、関心を持っている方すべて
市教委や検証委員会のみなさんも
ずっと考えているのだと思います。

小さな命の問いかける意味は、深く、重い。それに向き合いたいと思います。

何をいつまで、と思うかもしれません。その通りです。時間はどんどん過ぎていくのですから。

警報が鳴り響く寒い校庭で、子どもたちは危険を察し、逃げたがっていて、
それでも先生を信じて、指示をじっと待っていました。
その事実から目を背けてはいけないと思います。

あの日の校庭に目を凝らすことで、何か大切なことが見えてくるはずです。

悲しみは消えることはありません。でも、この悲しみはあの子たちの存在そのものです。
忘れる必要も、乗り越える必要もなく、いつもそばに感じていていいのだと思います。

あの日の校庭もそうでした。多くの人が、このままではいけないと感じています。
誰かが「そっちに行くな」と声をあげなければ。津波が来てからでは遅いのです。
そう考え、このタイミングで会を作りました。
趣旨をご理解いただければと思います。

2013.11.30 代表 佐藤敏郎

お知らせ

お知らせ 2015/02/13 | 0 Comment

あの日の校庭に、みんなで

国連防災世界会議の一環として開催されるパブリックフォーラムに参加することになりました。 3月14日土曜日16:30からです。(開場16:00) あの日、大川小学校では多くの子どもと先生の命が一瞬にして…

お知らせ メディア 2015/01/12 | 0 Comment

まっすぐ向き合う

4度目の年を迎えました。 年頭にあたって、動画を紹介します。約3年前のものです。 あのとき校庭で津波に飲まれながら奇跡的に助かった哲也くんが紹介された番組です。 彼は震災直後から、そして、今もずっと伝…

お知らせ 写真 2014/11/03 | 0 Comment

プールを清掃しました

震災後、ガレキや土で埋もれていて、 唯一清掃していないのがプールでした。 ここはまぎれもなく、 毎年子ども達が清掃して プール開きをして 水かけをして歓声をあげ 一生懸命バタ足を練習した場所 震災後、…

お知らせ メディア 2014/10/07 | 0 Comment

一緒に向き合う

みんなで一緒に向き合って、考えていきましょう。 目指すべき方向はきっと見つかるはず。 (河北新報、毎日新聞より) 事故遺族の「安全学会」 大川小遺族らと交流 _ 河北新報オンラインニュース 東日本大震…