「小さな命の意味を考える会」を作りました

楽しく学び、遊んでいた、大好きな大川小学校でたくさんの子どもが犠牲になりました。

あの日から私たちはずっと考えています。
子どもたちの小さな命が問いかけているものはなんだろうと。

遺族はもちろん、関心を持っている方すべて
市教委や検証委員会のみなさんも
ずっと考えているのだと思います。

小さな命の問いかける意味は、深く、重い。それに向き合いたいと思います。

何をいつまで、と思うかもしれません。その通りです。時間はどんどん過ぎていくのですから。

警報が鳴り響く寒い校庭で、子どもたちは危険を察し、逃げたがっていて、
それでも先生を信じて、指示をじっと待っていました。
その事実から目を背けてはいけないと思います。

あの日の校庭に目を凝らすことで、何か大切なことが見えてくるはずです。

悲しみは消えることはありません。でも、この悲しみはあの子たちの存在そのものです。
忘れる必要も、乗り越える必要もなく、いつもそばに感じていていいのだと思います。

あの日の校庭もそうでした。多くの人が、このままではいけないと感じています。
誰かが「そっちに行くな」と声をあげなければ。津波が来てからでは遅いのです。
そう考え、このタイミングで会を作りました。
趣旨をご理解いただければと思います。

2013.11.30 代表 佐藤敏郎

お知らせ

お知らせ 2018/12/08 | 0 Comment

イメージしたもの

震災伝承ネットワーク協議会における 震災伝承の取組がまとまりました(国交省) このイメージ図を作成するために、何度も会議を行っています。 だから、思い付きではありません。 もちろん、大川小だけが伝承施…

お知らせ 2018/09/18 | 0 Comment

7年半…復興と風化

9月17日、大川伝承の会第17回語り部ガイドが行われました。 秋空の下、県内外から100名近くの方に参加いただきました。 前日のツール・ド・東北でもたくさんの皆さんが訪れました。 あの日から7年半。 …