「小さな命の意味を考える会」を作りました

楽しく学び、遊んでいた、大好きな大川小学校でたくさんの子どもが犠牲になりました。

あの日から私たちはずっと考えています。
子どもたちの小さな命が問いかけているものはなんだろうと。

遺族はもちろん、関心を持っている方すべて
市教委や検証委員会のみなさんも
ずっと考えているのだと思います。

小さな命の問いかける意味は、深く、重い。それに向き合いたいと思います。

何をいつまで、と思うかもしれません。その通りです。時間はどんどん過ぎていくのですから。

警報が鳴り響く寒い校庭で、子どもたちは危険を察し、逃げたがっていて、
それでも先生を信じて、指示をじっと待っていました。
その事実から目を背けてはいけないと思います。

あの日の校庭に目を凝らすことで、何か大切なことが見えてくるはずです。

悲しみは消えることはありません。でも、この悲しみはあの子たちの存在そのものです。
忘れる必要も、乗り越える必要もなく、いつもそばに感じていていいのだと思います。

あの日の校庭もそうでした。多くの人が、このままではいけないと感じています。
誰かが「そっちに行くな」と声をあげなければ。津波が来てからでは遅いのです。
そう考え、このタイミングで会を作りました。
趣旨をご理解いただければと思います。

2013.11.30 代表 佐藤敏郎

お知らせ

お知らせ メディア 2016/05/31 | 0 Comment

想いを馳せる

2016年5月30日岩手日報「大川小の保存 思い出と教訓を刻む」 校庭に立って想いを馳せる あの日にあったこと あの日までのこと あの日からのこと だから今があって 明日へ向かう 子ども達の姿が今も浮…

お知らせ 写真 2016/03/23 | 0 Comment

忘れようとしない

5年経って、世の中は変わろうとしています。 何かが変わったかもしれないし、 あの日から止まったままのような気もします。 節目があるとすれば3.11の前と後、それだけ。 変わろうとすることは、忘れようと…

お知らせ 2016/02/13 | 0 Comment

始まりにしたい

2月13日、震災遺構に関する市の公聴会が行われ、保存、解体、それぞれの立場からの12名の発表がありました。5年を経て、ようやく意見を述べあう機会が設けられたとも言えます。 どの意見も説得力があり、改め…

お知らせ 写真 2015/12/31 | 0 Comment

時が流れても

時が流れても、変わらずに 季節はめぐり、風が流れて、星が降り注ぐ。 校庭を歩き、空を見上げ、目を閉じて、耳を澄ます。 校舎に入ると、廊下にはコート掛けのフックが並んでいます。 そこには一人一人の名前の…

お知らせ 2015/12/15 | 0 Comment

未来をひらく対話

12月13日に、校舎保存についての意見交換会が行われました。 校舎を保存するかどうかは、校舎が未来にとってどういう価値があるのかの議論が不可欠です。 「残したい」「解体したい」どちらも正しいのだから、…

お知らせ 写真 2015/12/10 | 0 Comment

5年目のツリー

5回目の12月 今年も、 大川小学校への思いを寄せる有志の皆さんが集まって アッセンブリホールに ツリーを飾ってくださいました。 毎年趣向を凝らしたデザインで みんなも楽しみにしているようです。 5回…

お知らせ メディア 2015/10/11 | 0 Comment

校舎の価値

石巻の市長さんが、ようやく大川小校舎の「価値」について述べてくださいました。 大きなことだと思います。 「見るのはつらい」という気持ちも、たしかにありますが、悲しみは校舎がなくなっても消えるものではあ…

お知らせ 写真 2015/09/28 | 0 Comment

そのまま

校舎。 保護者にとっては、授業参観や行事のときにだけ来る場所だけど 子どもにとっては、毎日朝から晩までいた場所で、 授業、休み時間、給食、そうじ、絵本、縄跳び、けん玉、一輪車…、 ようく目を凝らし、耳…