お知らせ 写真 2015/08/06 | 0 Comment

まぶしい日ざし、蝉の声、ひまわり、風鈴の音…。5年前は、校庭で、プールで子ども達がはしゃいでいました。
今日も暑い中、大川小にはたくさんの方々が訪れています。それぞれが、祈り、学び、想いを深める。

昨日(2015.8.5)、石巻市の遺構調整会議の皆さんが大川小を視察に来ました。
門脇小や南三陸庁舎などは有識者会議などが作られ、その意義が話し合われてきましたが、大川小は話し合いのテーブルにも乗せていただけませんでした。
今まで向き合おうとしなかったのに、今年になって、いきなり費用の計算からスタートしました。
それをもとに年度内にアンケートとは、ちょっと疑問の残るやり方で、残念です。
昨年、意見発表した高校生たちは、「『解体』『保存』どの意見もまちがっているわけではない、すぐに多数決で決めないで、いろんな意見を聞き合うことが必要」と訴えました。その通りです。
遺族だけではなく、地元だけでもなく、たくさんの関心をもってくださる皆さんと、10年後、いや50年後、100年後を見つめて、考えていきたいものです。

卒業生の声
さまざまな記事

3