お知らせ メディア 写真 訴訟など 2015/05/03 | 0 Comment

福知山線事故から10年となる4月25日、大阪を会場に、

福知山線事故(2005年)、日航機事故(1985)、
大邱地下鉄事件(2003)、セウォル号事故(2014)

の犠牲者を追悼する「日韓事故遺族追悼の夕べ」という集会が開かれ、
大川小事故遺族も参加しました。
神戸新聞より

セウォル号事故遺族の方からの希望を受けて、
関係者の方がつないでくださったのです。
日航機、大邱、福知山の遺族の方々ともお話ができました。
The Huffington Post より

集会後、交流会があり、翌日はセウォル号事故遺族の皆さんと情報交換会もありました。

当初は、国も状況も違う中で、話し合いをどう進めればいいのか心配でしたが、
それは必要ありませんでした。

突然いなくなってしまった大切な家族、
救えたであろう命、
事実に向き合おうとしない構図、
進まない検証、
周囲からのまなざし、中傷、
支援してくださる方々、
そして、繰り返される悲劇…、

「行ってきます」と出て行ったまま
言えなかった、聞けなかった、たくさんの「ただいま」があります。
我が子を失う悲しみに国境はありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大阪に発つ朝、夢を見ました。
大きな乗り物の中に大勢の人と一緒にいる夢です。

知っている顔もいましたが、
見たことのない人がほとんどでした。

交換会に参加して
あ、一緒に乗っていたのはこの方々だと分かりました。
乗り込んだ時間、場所は違っても
同じ目的地に向かう乗り物に乗っているんだと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あの日から4年以上が過ぎました。
未だに「遺族」と呼ばれる度に、何とも言えない感覚があります。
周囲の方にも気を遣わせてしまっていることでしょう。

でも、私はやっぱり「遺族」という立場を受けとめます。
あの命に向き合いたいです。

今日も世界中が、元気な「ただいま」であふれますように。

東北放送テレビニュースより
チューリップ
大阪から帰った翌日、
校舎の脇の土嚢に咲いたチューリップを見つけました