お知らせ メディア 訴訟など 2014/11/27 | 0 Comment

11月18日に小さな命の意味を考える会の活動報告会を行いました。
対象は石巻市議会議員の皆さんです。一般市民の方にも参加いただきました。
地域の未来である子ども達が、数多く犠牲になってしまったこの事故について、
市議会でもきちんと取り組むべきだという機運が高まっています。

どう向き合えばいいのか、誰もが迷い、悩みながら3年8ヶ月が過ぎました。
大川小学校のことは、関心がないわけではなく、むしろ大事なことだと誰もが考えています。

ところが、あの日校庭で何があったのか、そして、今日に至るまでどんなことが起きているのか、
多くの方は知らされていません。
明らかになっている事実でさえ曖昧にされたままです。

大川小の問題は、当日の避難行動にしても、事前の備えにしても、事後の対応にしても
シンプルに事実を明らかにすることが全てのスタート点です。
事実をふまえて、それぞれの立場・分野で取り組んでいくべきだと思います。

前例がないのですから、私たちが歩いたところが道になります。
ささやかな取り組みですが、関心をもってくださる方々と、情報と想いを共有して方向を探っていきたいです。

参加された議員の皆さん、お忙しい中ありがとうございました。

市議会議員の皆様へ

20141120毎日新聞 子ども守る組織として議論を