お知らせ 2017/07/19 | 0 Comment

暑さの中にも、時折心地よい風の吹く7月16日、
大川伝承の会による第7回語り部ガイドを行いました。

午後から小さな命の意味を考える会の勉強会だったので、
午前だけのガイドでしたが、
三連休の中日ということもあり、県内外から約150名の皆様が参加。

小学生もたくさん来てくれました。

先日
「ずいぶんさみしいところに学校があったんですね」と言われ、
はっとしました。
たしかに、現在の姿を見れば、そう感じても不思議ではありません。
壊れた校舎がぽつんとあるだけでは
校庭がどこかも分かりません。

ここは、子どもたちが走り回っていた校庭で
ここは教室。広々と扇型で
ここは、学芸会やミニバスケをやっていた体育館、
相撲場もあったし、野外ステージもあったんですよ。
中庭ではお花見しながら給食を食べて、一輪車で遊んで…。
「未来をひらく」は校歌のタイトル。
学校の周りは家が立ち並んでいました。

津波はあの高さまで来ました。
子どもたちが逃げたがっていた山はこちらです。

話を聞いて思い浮かべてください。そして、一緒に考えましょう。

あの日までのこと
あの日のこと
あの日からのこと
そして、これからのこと。

蝉の声が聞こえます。
もうすぐ夏休みです。

次回は9月10日の予定です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
やはり案内板が必要ですね。
20032120_10154534143151436_1912691635269525159_n 20046338_1368261996625647_2172617655588061869_n 20140154_1368262003292313_8229660375441962777_n taol2